管理するポイントと注意点

ゴルフクラブはとても高価ですが、その分きちんと管理すれば長く使える道具です。きちんと管理して長持ちさせるためのポイントや注意点を紹介します。 ゴルフクラブを使った後は綺麗に掃除をします。まずヘッド部の目立つ汚れは水拭きで落とします。フェイス部の溝にはインパクトの時芝や土が付くことが多く特に注意が必要です。

専用のブラシなどで泥を落とすなど清潔に保ちましょう。その後でヘッド用のオイルを塗ります。錆防止にもなります。シャフトは乾いたタオルなどで綺麗に汚れを落とし、できれば専用のクリーナーやオイルで守ってあげてください。グリップ部は手で直接握るところです。手の脂は劣化を早めるので、使用後は水拭きをします。

汚れが特に目立つようなら、中性洗剤を付けて拭き取ると綺麗になります。長く使わない時はラップを巻くと劣化が防げます。雨が降る中使った時はゴルフクラブもバッグも良く乾かしてから保管してください。ゴルフクラブは立てて保管するのが基本です。寝かせるとシャフトへ負担がかかります。家の中の風通しの良い日の光が当たらない場所が最適です。熱や湿気が苦手だからです。車のトランクに入れっぱなしの人がいますが、これは最悪です。
確かに便利ではありますが、夏は高温多湿となり、ダメージは避けられません。車の振動のせいで跳ねて傷が付くなどクラブにとっては良いことはありません。

ゴルフクラブ