スポンジを使ったゴルフクラブのメンテナンス

ゴルフは老若男女を問わず楽しめるスポーツとして日本でも定着しています。特にサラリーマンなどは、仕事でもプライベートでもゴルフをする機会は非常にたくさんあるでしょう。いまや国民的スポーツとなったゴルフですが、プレーを楽しむうえで大切なものがあります。それは「ゴルフクラブ」です。

どんなスポーツもそうですが、道具を大事にしなければ決して楽しくプレーすることはできませんし、また上達もしません。道具を大切にする人には上級者が多いのは納得のいく結果なのです。ゴルフクラブは、その日のコンディションによっては雨にぬれたり、砂や土で汚れてしまうことが多くなります。

プレー後にお手入れしないまま放置しておくと、クラブは確実に傷んでいきます。ゴルフクラブのお手入れで重宝するのがスポンジです。新しいものではなく、食器を洗っていた古いもので十分です。
クラブに軽く水をかけ、中性洗剤を吸わせたスポンジで丁寧に洗うことにより汚れは落ちます。特にグリップの部分の汚れはきちんと落としておかないと握りにくくなっていきますので、しっかりと汚れを落とすことが必要です。また、寒い時期にありがちですが、お湯を使って洗った場合、シャフトとヘッドの接合部分の接着剤や、グリップを固定しているテープが緩くなってしまうことがあるので注意が必要です。

スポンジ